第15回「罪」

概要

誰が罪を冒したのか、悪は何なのか……。

2022年、銃社会でない治安が世界の中でも良いと言われる日本で、凶悪な事件が多発した1年が終わろとしています。

映画では、実在した事件をモチーフにしたが作品が多数描かれており、このテーマは今年でないと意味がないと催しを行う事にしました。

現在、全国の映画館で「オカムロさん」がヒット中、新人気鋭の監督 松野友喜人監督の短編『全身犯罪者』を上映。

その後、あらゆる著者を執筆、ネオ書房店主である切通理作先生と、VHSレンタル「カセット館」主宰、最近小説も執筆、あらゆるメディアで活躍中の後藤健児氏をゲストに迎え「犯罪と映画」についてお話し頂きます。

かなり濃い内容のイベントです。

年末のご多忙な時期かと思いますが、是非お越しください。

kataru白澤


会期

上映作品 |松野友喜人監督「全身犯罪者」

トークゲスト |切通理作さんと後藤健児さんをお招きします。

注意事項 |ご購入前に必ずお読みください。

チケットご購入 |注意事項をお読みになってからご購入ください。

お問い合わせ |本イベントに関しての問い合わせはこちらへ


会期

映画上映「全身犯罪者」

トークテーマ「犯罪と映画」

日時|2022年12月25日(日) 

会場|シネマハウス大塚(東京都豊島区巣鴨4-7-4-101)

開場|10:45

開演|11:00

終演|13:30(予定)

料金|2,200円

定員|40名

入場|自由席、整理番号順入場

チケット|「ぴあ」にて11月20日から販売 (Pコード:552-576


上映作品

松野友喜人監督「全身犯罪者」

製作:2020年

時間:20分

監督・脚本・編集・CG/VFX・美術・小道具・エンディングテーマ:松野友喜人


松野友喜人(まつの ゆきと) twitter@yukitomatsuno

映画監督。カナザワ映画祭2021年「全身犯罪者」が観客賞受賞。

真・事故物件/本当に怖い住民たち』を手がけたサイゾーによる、

ホラー映画プロジェクト第2弾初長編作「オカムロさん」が全国の映画館で大ヒット中。

「全身犯罪者」予告


トークゲスト

切通理作(きりどおし りさく)

twitter@risaku

文筆者。文化批評。1964年生。1993年より文筆活動。蜂須賀健太郎監督作品『アクアリウム』等の映画脚本も書き、2017年12月、初監督作品『青春夜話 Amazing Place』を公開。

著作は『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』でデビュー。批評集『お前がセカイを殺したいなら』『ある朝、セカイは死んでいた』『情緒論~セカイをそのまま見るということ』で映画、コミック、音楽、文学、社会問題をクロスオーバー。『宮崎駿の<世界>』でサントリー学芸賞受賞。他に『山田洋次の〈世界〉 幻風景を追って』『本多猪四郎 無冠の巨匠』等の著書・編著がある。 

後藤健児(ごとう けんじ)

twitter@cassette_kan 

VHS専門レンタル「カセット館」主宰。VHSのみで見られる映画を送り届け、今年で12年目。

文筆業として、『映画秘宝』『別冊映画秘宝 恐怖! 幽霊のいる映画』(双葉社)等で映画評の執筆。他、『サクリファイス』『透明花火』パンフレット解説、小説『あの映画の幽霊だけは本物だ』(Amazon Kindle)、『これぞ我が銃、我が愛銃』(阿佐ヶ谷ネオ書房)発売中。

最近は映画秘宝公式noteでも映画記事を執筆。

シネマ野郎|全身犯罪者|切通氏と後藤氏トーク


注意事項

購入前に必ずお読みください

  • チケットは全てぴあに委託してます。お客様都合の購入後の返金、返品は私共では一切受け付けません。(チケットぴあのリセールサービスなどを読んでご購入ください)
  • ご入場時に必ず紙のチケットをご用意ください。無いとご入場をお断りします。
  • 館内での食事、飲酒は禁止します。蓋が密封されるソフトドリンク(ペットボトル、水筒など)のみ持ち込み頂けます。
  • 入場時消毒、検温を致します。
  • 体温37.5度以上の方、咳が酷い方は入場をお断りします。
  • 館内では必ずマスク着用お願いします。(不織布マスク着用にご協力お願いします。)
  • 主宰白澤、ゲストが体調不良の場合は中止、もしくは延期します。その際はSNS、HP、ぴあを通し連絡、その後返金など手続きを致します。こ理解、ご了承ください。
  • 本イベントに関しての問い合わせは、全てkataru白澤までご連絡下さい。
  • シネマハウス大塚様、切通氏、後藤氏、松野監督へは連絡は一切なさらない様にお願いします。


チケットご購入

注意事項」をお読みになってからご購入ください。

料金|2,200円

入場|自由席、整理番号順入場

Pコード|552-576


お問い合わせ

本イベントに関しての問い合わせは、全てkataru白澤までご連絡下さい。

Mail|katarukai2016@gmail.com

電話|080-1387-6580   白澤